日本共産党 茨城県委員会の新着情報をお知らせします。

八千代町議補欠選挙(2015年1月)

八千代町議補欠選挙(2015年1月13日告示、18日投票)候補

大久保ひろ子(おおくぼ・ひろこ/大久保弘子)
*無投票当選となりました。

☆プロフィール
[略歴]
1947年生まれ、下館二高卒業
1985年に音楽教室開設
日本共産党八千代町議1期
趣味…絵画、エレクトーン
八千代町菅谷在住

安倍政権の暴走政治にストップ!
みんなの願いを町政に届けたい

この3年間、みなさんと対話を重ねてきました。
「アベノミクス」「地方創生」とはいうものの、暮らしは年をおうごとに深刻。
農家のみなさんからため息がもれ、街もさびれるばかり。議会の果たす役割が以前に増して大きくなっています。
前回、あと一歩で議席に届きませんでしたが、みなさんの願いを町政に“今こそ”の思いでいっぱいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

高すぎる国民健康保険税

「高すぎて払いきれない」の悲痛な声。
1世帯当たりの国保税は、県内の市町村で4番目に高く、2013年度の滞納世帯は687世帯(15.7%)に及びます。

介護保険料値上げ

介護保険料の納付書が届いた時、「何かのまちがいではないのか」と驚きと憤りが広がりました。

米価暴落・野莱の下落

米価暴落に「子どもに継がせられない、TPPまでと思ったが、来年どうするかの話だ」。
名産の白菜も「出荷するだけでも赤字」の切実な声があがっています。

ひろ子の提案

  • みなさんのくらしがこれほど大変なときに、町民負担増に反対の声がだされない議会では困ります。対案が大切です。
    8億円の財政調整基金の5%を使えば国民健康保険税を1万円下げることは可能です。
    介護保険の負担も軽減しましょう。
  • もとはといえば、政府の指示で住民サービスを削りながら積み立てた財政調整基金。
    それならば、町民の命と暮らし、ふるさとをまもるために使いましょう。
  • 農業が地域経済をささえています。
    所得補償を基本に、「安心して継がせられる」農業をめざしましょう。
    TPP交渉からの撤退をもとめるため、八千代でも町民・議員が立場を超えて力を合わせましょう。

ひろ子の3つの決意

  1. 毎議会で発言、町民の声を届ける
    対話の中で寄せられる声は、どれも切実なことばかりです。
    毎議会質問にたって、みなさんの願いや要望を町政に届けます。
  2. むだづかいのチェック
    町政のむだづかいをなくすとともに、みなさんの大切な税金を暮らし・福祉最優先に使うよう提案していきます。
  3. 必ず議会報告
    「民報八千代」を発行して、議会の様子を定期的に町民のみなさんにお知らせします。
    「いのち」「くらし」「ふるさと」をまもるために国政でも町政でも政治が果たす役割が大きく問われています

町民の声を しっかり受けとめがんばります

八千代町議会に日本共産党の1議席を!大久保ひろ子のおやくそく

寄せられた願いをしっかりと受けとめ、みなさんと力を合わせて、一歩一歩実現のために力をつくします。
可能なことは他の議員とも協力して、暮らし・福祉の充実にとりくみます。

  • 庶民増税をやめさせ、国保税や介護保険料の軽減につとめます
  • 高齢者医療費の負担軽減と障がい者の「応益負担」をやめさせます
  • 中学校卒業までの子どもの医療費完全無料化をすすめます
  • 小・中学校の普通教室にエアコン設置を求めます
  • 学童保育の充実、通学路の安全確保につとめます
  • デマンド・タクシーの実現を求めます

地方選挙

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日本共産党 茨城県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.