日本共産党 茨城県委員会の新着情報をお知らせします。

取手市議選挙(2016年1月)

取手市議選挙(2016年1月17日告示・24日投票)候補

[ 加増みつ子 / 遠山ちえ子 / せきど勇 / 小池えつ子 ]

☆取手市議選については「日本共産党取手市委員会」のページもご覧ください。

toride201601


加増みつ子(かぞう・みつこ/加増充子)

☆プロフィール
[略歴]
1952年茎崎町(現つくば市)生まれ、県立取手第二高校卒業
公立保育所の保育士として25年勤める
1996年、取手市議会議員に初当選、現在5期目
趣味…ガーデニング、料理など
井野3丁目在住、家族…夫と一男一女

[事務所]
取手市井野3-19-3 寺木ビル101
0297-73-1915

kazou201601

みなさんこんにちは。議員になって早や20年です。
この間多くのみなさんから暮らしの問題や要望が寄せられ、議会に届けてまいりました。
社会保障の相次ぐ改悪で「毎年、年金が減らされ、やりくりが大変。考えると寝られなくなる…」など心配する声が絶えません。
ひとり一人にもっと優しい政治をと思う毎日です。

市の税金の使い方が問われます。
引き続き、取手駅西口開発優先よりも市民の暮らしを大事にする取手市政へと繰り返し求めていきます。

「安全保障関連法」によって、日本は「戦争する国」への道筋がつくられてしまいました。
若者や子どもたちの未来を奪うような政治は絶対許しません。
安倍政権の退陣をみなさんと求め、憲法9条が輝く日本へと、これからもがんばっていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

日本共産党取手市議団長 加増みつ子


kazou201509omote
kazou201509ura


遠山ちえ子(とおやま・ちえこ/遠山智恵子)

☆プロフィール
[略歴]
1954年石岡市生まれ
旧藤代町立中央・久賀保育所に21年勤務
1995年旧藤代町議会議員初当選、2005年合併により市議に、現在5期
地域では、子どもたちとの触れ合いを大切に、相馬ふれあい広場・藤代子どもサポーターに参加し、活動しています。

[事務所]
取手市藤代555-3 コーポクラショウ1-D
0297-83-0035

touyama201601

保育士から議員になって20年が経ちました。
振り返れば、1期目で副議長になり、温泉地での議長副議長会議を止めさせ、障がいのある子を持つ父母と一緒に請願署名に繰り返し取り組み、平成17年9月「教育補助員配置要綱」ができたことは、うれしい成果でした。
市民とともに要望の実現に取り組んできた20年です。

3.11以降、いつ大規模な自然災害が起きかねない今、常総市の豪雨災害は他人事ではありません。また、規制緩和の名の下で非正規雇用がまん延し、子どもの貧困が深刻な問題となっています。
今こそ、命とくらしを守る政治が求められ、税金の使われ方が問われています。
自治体こそ、それに応えるべきではないでしょうか。

引き続き、「平和・くらしが一番の市政」へみなさんと力を合わせて頑張る決意です。
ご支援をよろしくお願いします。

市議会議員 遠山ちえ子


touyama201510omote
touyama201510ura


せきど勇(せきど・いさむ/関戸勇)

☆プロフィール
[略歴]
1944年(昭和19年)神奈川県厚木生まれ
1960年 ソニー(株)入社、労組役員歴任
元取手市公立保育所父母の会連絡会会長
現在…戸頭団地自治会役員・自主防災会会長
自然保護団体でも役員として活躍

[事務所]
取手市戸頭4-15-14
0297-78-0713

sekido201601

市議4年・安心して住み続けられる街に

鬼怒川の決壊で多くの方が住まいを失うなど、大変な被害をうけました。
心が痛みます。私の身近にも被災された方がいます。
取手でも利根川や小貝川の一部には心配な箇所がありますから人ごとではなく、万全な対策が必要です。

4年前に市議会に送り出していただき、みなさんと一緒に市政への様々な提案をしてきました。「市民の声を聞いてこそ住みよい取手となる」と改めて実感しているところです。

さて、安倍内閣の「戦争法案」に対し、国民の多くが考え行動し、強行成立後も声を上げ続けています。
1人1人が考え行動する新たな運動が開始された中、安倍暴走政治と向き合う日本共産党の議員として一層頑張らねばと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

日本共産党取手市議会議員 せきど勇


sekido201509omote
sekido201509ura


小池えつ子(こいけ・えつこ/小池悦子)

☆プロフィール
[略歴]
1975年茨城県鉾田市生まれ
1998年、聖徳大学人文学部卒業
卒業後、県土木事務所など勤務
2002年、茨城保健生活協同組合・城南病院、2010年から取手市のあおぞら診療所勤務
2015年4月、取手市議補選で初当選

[事務所]
取手市青柳135
0297-73-0234

koike201601

4月の補欠選挙でみなさんに市議会に送り出して頂き、ありがとうございました。
初めての議会や議員活動の中で、「地域要求実現のために」果たす役割を一つひとつ考えながら取り組む毎日ですが、課題の多さを痛切に感じています。

9月市議会では「安保法案廃案を求める意見書」が採択されたことは、うれしいかぎりです。
しかし、安倍政権はこれらを踏みにじり「戦争法」を強行したことは許せません。多くのみなさん、他の野党とも力を合わせ「戦争法」廃止、安倍政権退陣に力をつくします。

2015年、原水爆禁止世界大会広島に参加し、確信を持って平和運動に取り組む活力を得ました。
議会は緊張の連続ですが、私は「福祉と協同」の精神を柱に、一人ひとりに寄り添う心を大切に今後も頑張ります。

日本共産党取手市議会議員 小池えつ子


koike201509omote
koike201509ura

地方選挙

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日本共産党 茨城県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.