日本共産党 茨城県委員会の新着情報をお知らせします。

小美玉市議選挙(2015年11月)

小美玉市議選挙(2015年11月8日告示・15日投票)候補

選挙結果についてはこちらをご覧ください

omitama201511

[ 福島ヤヨヒ / 梅沢田鶴子 ]

福島ヤヨヒ(ふくしま・やよい)

☆プロフィール
[略歴]

  • 1945年愛知県生まれ、愛知県立養護教諭養成所卒
  • 1965年から愛知県内の小中学校養護教諭歴任
  • 1971年に結婚
  • 2005年7月 初めての美野里女性町議として当選
  • 2006年3月 合併して小美玉市議となる。
  • 現在、市議会文教福祉常任委員会委員
    みの~れ支援隊長、四季文化館企画実行委員、消費生活の会会長、
    巴川探検隊長、文化協会役員、食生活改善推進委員会役員、観光協会理事
  • 小美玉市羽鳥在住

ブログ→「福島ヤヨヒがんばってます!

[事務所]
小美玉市羽鳥2732-4
電話 0299-46-0388


omitama201511omote
omitama201511ura

平和とくらしを守る市政をめざします

美野里町で初めての女性議員となってからはや10年、日ごろの皆さんのご支援に感謝申し上げます。

合併して小美玉市になってからも常に皆さんの願い実現のために議会で発言してきました。
子育て支援や教育環境改善、高齢者支援や国保税・介護保険料の値下げ、暮らし福祉の充実など、問題は山積みです。

これからも少子化問題、高齢者福祉、中小業者支援など身近な問題を議会に届け、平和で暮らしやすい小美玉市政実現のために頑張ります。
ご支援よろしくお願いします。

実現めざし がんばります

  • 憲法9条を守り、平和とくらしを守ります
  • 高校卒業までの医療費無料化を実現します
  • 小中学校教室のエアコン設置を実現します
  • 住宅リフォーム助成制度の実現
  • 小規模事業者登録制度のさらなる活用
  • 国保税、介護保険料の値下げをめざします
  • 大きなごみ処理場はいらない
  • TPP協定に反対し農業を守ります
  • 百里基地での日米共同訓練に反対し騒音防止を求めます
  • 原発ゼロを小美玉市から発信します

住民本位の市政めざす福島さんに期待します

孫のために戦争法案ストップを
5歳男児のひいばあば 福田さん(竹原)

戦後70年。戦争法案の是非が問われ、憲法9条による戦争への歯止めが外されようとしています。
高齢者はこの孫のために、この曾孫の未来のために、「戦争法案」を阻止できる政治家を選びましょう。
ヤヨヒさん、4期目の今度こそ底力の見せ所です。

これからも正義をつらぬく政治追求を
小美玉市日本共産党後援会長 石橋吉生さん(玉里)

住民本位の政治、困っている人のための政治、正義を貫く政治を追求してやまない福島さんの活動を尊敬しています。
介護保険のこと、医療費、お米、酪農、景気のこと、何をとっても国の政策次第で、影響を受けざるを得ません。
難しいかじ取りが迫られる行政に、これまでの姿勢を貫き、市民本位の政治が行われるよう福島さんの活躍に期待します。

くらしへの願い 全力投球

すべての教室にエアコンを

堅倉、竹原の小学校が建てかえられ、さらに美野里の4つの幼稚園も耐震化とエアコン設置が進められました。
残された羽鳥と納場小学校の体育館の耐震化、教室のエアコン設置をもとめています。

環境まもる…市民とともに

福島議員は市民活動の中で学童の子どもたちに環境を守ることの大切さを話し、紙芝居を行っています。
高齢者には「オレオレ詐欺に気をつけて」と誰もが安心して過ごすことができる小美玉市をめざし、実践活動をしています。

高校卒業まで医療費無料化を

子育て支援として議会で何度も質問、対象が小学校低学年から、中学生まで所得制限なしに拡充できました。今度は高校卒業までをめざします。

大きすぎるごみ処理場いらない

3市1町の広域化によるごみ処理場建設が進められようとしています。
福島議員は市民とともにごみの減量化を訴え、再資源化などの3R運動を進めています。
大きなごみ処理場ではなく、みんなでごみの資源化や減量化で、身の丈に合った処理場建設を推進します。

子どもも高齢者も安心なまちづくりを
議会で必ず発言 福島ヤヨヒ議員

平和への願い 全力投球

東海第2原発は再稼働でなく廃炉に
オスプレイ来るな

戦争法案にただ一人反対を貫きました

戦後70年、日本は憲法を守り戦争しない国として歩んできました。
それが覆されようとしている今、小美玉市議会でただ一人、戦争法案反対の請願の採択を主張し、「百里基地にオスプレイ来るな」と市長にも申し入れを行いました。

皆さんと力をあわせて実現しました

  • 中学3年までの医療費の無料化
  • インフルエンザ等予防接種の補助
  • 震災見舞金を災害見舞金制度に拡充
  • 太陽光発電設備に補助実施
  • 給食費、幼稚園授業料の値上げストップ
  • 男女共同参画社会へ市職員女性課長の増員
  • 住宅リフォーム助成制度前向きに検討中

福島ヤヨヒさんのあゆみ

負けない気持ち

ヤヨヒさんは愛知県生まれ、先生一家の次女として終戦の年に生まれました。
中学3年の時、突然父を亡くします。
その1か月後に伊勢湾台風で家は半壊状態に…。
そんな中で不屈の精神が生まれ、兄の援助で養護教諭になりました。

子育てもみんなで

結婚後、羽鳥で福島設備を立ち上げ、子どもを現場に連れて行くこともありました。
夫の仲間と共に子育てにはげみました。

誰からも信頼される

市民活動や文化活動の中で誰からも信頼されるよう隔てなく人に接することを心がけ会長職などを全うしています。

美野里町、初の女性町議

「意見を言えば図面が変わる」ことをみの~れ建設で実感し、美野里で初めての女性議員になり、毎回発言しています。


fukushima201509omote
fukushima201509ura

住みよいまち2015年9月号外(PDF)


梅沢田鶴子(うめざわ・たつこ)

☆プロフィール
[略歴]

  • 小美玉市生まれ(59歳)
  • 国学院大学幼児教育専門学校卒業
  • 大聖寺幼稚園(土浦市)勤務
  • 小川サンプラザに25年勤務
  • 小川町議1期
  • 重度身体障がい者・視覚障がい者施設に勤務。ヘルパー1級・介護福祉士
  • 2012年 衆議院茨城2区候補者
  • 2013年 日本共産党茨城県委員
  • 住所/小美玉市百里

ブログ→「うめちゃんのブログ

[事務所]
小美玉市川戸648-1
電話 0299-58-5551

omitama201511omote

omitama201511ura

「戦争法」廃止、福祉優先の市政に

こんにちは、お元気でしょうか。
安倍内閣はアメリカの戦争に自衛隊を送り、殺し、殺される戦争に参加しようとしています。
私は憲法と平和を守るために平和運動に取り組んできました。
集団的自衛権行使の「戦争法」が強行されると、百里基地は市民にとっても自衛隊員にとっても新たな危険となります。
ムダづかいをなくし、赤ちゃんからお年寄りまで安心して暮らせる「福祉優先の街」にするため力を尽くします。

財源はあります

52億円のためこみ金は、市民のために

市民の願いに耳をかたむけず、行政サービスを低下させ52億円(市予算の2割)もの溜め込み金があります。
このお金を市民のために使えば市民の願いを実現できます。

ねがい実現にちからを尽くします

  • 憲法9条を守り、平和とくらしを守ります
  • 東海第2原発は廃炉に
  • 百里基地の騒音対策を求めます
  • 関税をなくすTPPに反対し、農家を守ります
  • 国保税・介護保険料の値上げストップ
  • 18歳までの医療費無料化
  • 住宅リフォーム助成制度の確立と、小規模事業者登録制度の活用
  • 広域大型ごみ処理場の見直しを
  • 災害に強いまちづくりを

私も応援します

地方自治体の基本的役割は、住民の幸福実現にあるはずです。
現在は、「地方だけでことを決めようとしても、実現が難しいことがあります。
消費税の増税、社会保障の削減など、住民の立場からものをいう政治、政治家が必要です。
それができる日本共産党の梅沢さんに期待します。

玉里 石橋さん

田鶴子さんとは私が地域に住み始めた時から33年の付き合いになります。
一緒に子育てもし、沢山の思い出があります。
中でも忘れられないのは、以前、米パニックの際、学校給食にも外米が使われることになった時、私の長女は重症なアトピー性皮膚炎でしたので「学校に弁当を持たせようかな」という私に、田鶴子さんから「じゃあ、他の子ども達は外米でも良いの?」との言葉が返ってきました。

その一言がきっかけで「学校給食に地場産農産物を使ってほしい」旨の要望書を作り署名集めをしました。
農協をはじめ、自衛隊員の家族の方など、沢山の方々が協力してくれました。
議会では全会一致で採択され、その後も学校給食に多くの地場産品が使用されているそうです。
ひと言のつぶやきを実現させた行動力のある人です。
是非、住民のつぶやきを議会で実現させて下さい。応援します。

小川 内田さん

私は、憲法に違反している安保法案(戦争法案)を止めなければならないと思います。
70年前を考えてください。梅沢さんは基地の町に生まれ、一貫して平和を守り、生活を豊かにする運動に取り組んできました。
平和の大切さを一番考えている人です。

農業においては、農政への不安やTPPの動きの中で後継者が少なくなっています。
昨年、梅沢さんと雪害に見舞われた地域で現地聞き取りを行いました。
雪害対策について、調査に基づき、県や市の話し合いに同行した梅沢さんは農業者の目線で要望を出し、前進させることが出来ました。
常に生活者、弱者の目線で頑張る梅沢さんを推薦します。

玉里 西村さん

福祉第一の市政へ 新しい力で憲法と平和を守りましょう

国保税・介護保険料の値上げストップ

「もらうたびに減る年金、年々上がる国保税、介護保険料、これでは心細くなるばかり」。高齢者からの訴えが増えています。
がんばってこられたお年寄りが、もっと安心して暮らせる市政をつくります。

9千万円で 国保税・介護保険料を1世帯・年1万円の値下げが可能

1世帯年1万円の値下げに必要な財源は8,960万円。
市の溜め込み金(52億円)のほんの少しを使えば実現できます。

18歳までの医療費無料化

中学校卒業まで、医療費の助成が実現しました。18歳までの医療費無料化を求めます。
小学校の「統廃合」で運用するスクールバスの無料化をめざします。

ムダな開発より福祉を

赤字を心配する市民もいた「そ・ら・ら」は、今年4月には再建委員会をたちあげるなど不調です。
住民に説明のないまますすめられている24時間稼働の大型広域ごみ処理場建設は、何でも燃やしてしまうなど環境や資源化に逆行します。

TPPを市民の力ではね返そう

TPPによる農業や他の産業、そして働く人達に対する影響は深刻です。
ISD条項でアメリカいいなりになります。
コメ、野菜、果樹、酪農など、県内有数の農業の街小美玉市。
暮らしと生業を守ることこそ、市議会議員の仕事です。

原発再稼働は誰のため

事故後4年以上経った今も12万人が故郷に帰れない原発事故。
小美玉市でも農産物の出荷制限が行われました。
ストロンチウム90は関東地方の市町村で3番目に高い値が検出されています。
電気は足りています。東海第2原発は必要ありません。

災害につよいまちづくりを

玉里地区のがけくずれ対策、園部川の洪水対策など市民の命とくらしを守ります。

「戦争法」は反対しましょう

日本は、憲法9条を守り戦後70年一人の人も殺さず、殺されもしませんでした。
9月に北関東防衛局と懇談した時にも、航空自衛隊は米軍の命令で動いていることが明らかになりました。
自衛隊員も同じ一市民です。
耳ざわりの良い「平和安全法制」に反対し、市民の生活と命を守ります。

元自衛官(現土浦市議)井上圭一

私は元自衛官で、霞ヶ浦駐屯地などに勤務していました。
若者を戦場に駆り出す集団的自衛権の行使は許されません。
憲法9条を守り抜く日本共産党へのご支持で安倍内閣の暴走にストップをかけましょう。

日本共産党の躍進で政治を変えましょう

百里基地の「日米共同訓練」の即時中止の要請行動で、梅沢さんの原点を見ました。
大きな力に屈せず、前向きに進む勇気と力を、ぜひ、議員として市民のために発揮してください。

参院選茨城選挙区予定候補 小林きょう子

平和擁護、福祉向上が地方自治体の役割。
いま、「戦争法」に反対し、アベ政権の悪政に対抗し、住民のくらしを守ることがだいじです。
共産党の議席増、梅沢さんの活躍に期待します。

元茨城大学副学長 田中重博

防災無線 戸別受信機の設置

「基地問題、憲法を守るためには政治を変えなければ」と小川町議選に立候補し当選した梅沢さん。
議員として、災害時の戸別受信機の設置を要求し実現しました。
今度は、小美玉市政のなかで、みなさんの声を議会へ届けます。

umezawa2015omote

umezawa2015ura

民報おみたま2015年号外(PDF)

地方選挙

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日本共産党 茨城県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.