..
第27回党大会(2017年1月15日~18日)
☆これでいいのでしょうか 茨城県政と県議会☆

2017年囲碁将棋大会・開催日程のごあんない

下記の日程で、囲碁・将棋大会の地区大会を開催しますので、ごあんないいたします。

東部地区(水戸市、笠間市、鹿嶋市、潮来市、行方市、鉾田市、小美玉市、神栖市、東茨城郡茨城町、城里町、大洗町)

  • とき  9月17日(日) 9時30分受付開始・10時開会
  • ところ 茨城県立青少年会館(茨城県水戸市緑町1-1-18) TEL 029-226-1388
  • 会費 1800円
  • 申込み・お問い合わせ 日本共産党茨城東部地区委員会(TEL 029-221-7441)

西部地区(古河市、筑西市、結城市、下妻市、常総市、坂東市、桜川市、結城郡八千代町、猿島郡五霞町、境町)

  • とき  9月24日(日) 9時30分受付開始・10時開会
  • ところ 下妻公民館1階和室(茨城県下妻市本城町3-36) TEL 0296-43-7370
  • 会費 1000円
  • 申込み・お問い合わせ 日本共産党茨城西部地区委員会(TEL 0296-25-6511)

南部地区(土浦市、石岡市、龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市、守谷市、稲敷市、かすみがうら市、つくばみらい市、稲敷郡阿見町、河内町、美浦村、北相馬郡利根町)

  • とき  9月18日(月) 9時受付開始・10時開会
  • ところ 土浦亀城プラザ4階学習室(茨城県土浦市中央2丁目16-4) TEL 0298-824-3121
  • 会費 1700円
  • 申込み・お問い合わせ 日本共産党茨城南部地区委員会(TEL 029-821-5778)

北部地区(日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、ひたちなか市、常陸大宮市、那珂市、那珂郡東海村、久慈郡大子町)

  • とき  9月30日(土) 9時30分受付開始・10時開会
  • ところ 東海村舟石川コミュニティーセンター(茨城県東海村舟石川158) TEL 029-283-1951
  • 会費 1500円
  • 申込み・お問い合わせ 日本共産党茨城北部地区委員会(TEL 0294-53-8501)

茨城県大会

  • とき  10月7日(土) 9時30分受付開始・10時開会
  • ところ 茨城県総合福祉会館(茨城県水戸市千波町1918) TEL 029-244-4545
  • 会費 無料
  • お問い合わせ 日本共産党茨城県委員会(TEL 029-247-6523)

カテゴリー: 新着情報 | 2017年囲碁将棋大会・開催日程のごあんない はコメントを受け付けていません。

共闘広げ安倍政権倒そう 9・19県民共同アクションに大内比例予定候補参加 水戸

戦争法(安保法制)が強行されてから2年目を迎えた9月19日夕、水戸市内で「戦争法の発動を許すな!9・19県民共同アクション」と銘打った取り組みが行われました。「戦争法の廃止を求める茨城県民連絡会」が主催したもの。

リレー演説で同県民連絡会の田中重博代表が「憲法違反の戦争法を廃止させよう」と強調。「北朝鮮の挑発行為を口実に軍拡と改憲を狙う安倍政権を市民と野党の共同の力で退陣させましょう」と呼びかけました。

県原水協の加藤岑生会長は核兵器禁止条約の調印・批准を求める「平和の波」行動への参加を訴えました。

日本共産党の大内くみ子・衆院北関東比例(茨城1区重複)候補もマイクを握りました。

大内氏は、「森友・加計」問題の疑惑隠しや改憲をねらう安倍政権を批判。「今度の総選挙で、憲法9条を守り抜くために共同の輪を広げましょう」と力を込めました。

宣伝では、北朝鮮のミサイル発射や核実験について「あなたならどうする?」と問いかけるシール投票も行われ、非核化に向けた平和的な解決を求める声が多数を占めました。

(「しんぶん赤旗」2017年9月22日付より転載)


カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 | 共闘広げ安倍政権倒そう 9・19県民共同アクションに大内比例予定候補参加 水戸 はコメントを受け付けていません。

北朝鮮問題 対話で解決 大内衆院比例予定候補・安倍内閣を批判 

日本共産党の大内くみ子・衆院北関東比例・茨城1区重複予定候補は9月13日、水戸市内で終日街頭演説を繰り広げました。

大内氏は8月27日に投票された知事選で、共産党を含む6政党・団体が推薦した市民と野党の共同候補、鶴田真子美氏に寄せられた支持に感謝の意を表明しました。

北朝鮮をめぐる情勢にふれた大内氏は「核実験を強行し、蛮行を繰り返す北朝鮮は許せない、という声が上がるのは当然」だと述べ、国連の安全保障理事会で、対話を通じた平和的解決を呼びかけた制裁決議を全会一致で採択したことを報告。北朝鮮に決議の履行と非核化に向けた行動を求めました。

同時に、大内氏は「北朝鮮の脅威をあおり、軍備拡大をねらう安倍内閣のやり方は間違っている」と批判しました。

大内氏は、命がけで戦争に反対し、平和を守るために力をつくしてきた日本共産党の95年の歴史を紹介。「改憲を許さず、9条を守り、平和な日本をつくるために力を合わせましょう」と述べ、次期総選挙での市民と野党共闘の前進、日本共産党の躍進を訴えました。

(「しんぶん赤旗」首都圏版2017年9月15日付より転載)


カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 | 北朝鮮問題 対話で解決 大内衆院比例予定候補・安倍内閣を批判  はコメントを受け付けていません。

<列島だより>原発事故を考える 茨城

福島第1原発事故の影響について考える講演会が9月10日、水戸市内で開かれました。「核戦争を防止し平和を求める茨城医療人の会」(桜井保之会長)が主催したもので、80人が参加しました。

講演した獨協医科大学国際疫学研究室の木村真三室長は、同原発を抱える福島県をはじめとする東日本大震災の被災県の人口の推移や関連死者数をグラフで示し、内部被ばくの実態も指摘しました。

そのうえで、賠償金打ち切りなどの強制帰還策や住民分断策をきびしく批判。「チェルノブイリ、福島に続く過酷事故は人類にとって取り返しがつかないことになる。それを止めるのはわれわれ人間の責任だ」と訴えました。

(「しんぶん赤旗」地域発2017年9月14日付より転載)


カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 | <列島だより>原発事故を考える 茨城 はコメントを受け付けていません。

9条にちなみ平和の鐘突き 茨城・五霞町

茨城県五霞(ごか)町で9月9日、憲法9条にちなんで平和への誓いを新たにする鐘突きが行われました。

「9条の会ごか」(青木正彦代表)の呼びかけによるもので、五霞町、古河市、坂東市、境町で活動する「9条の会」から約30人が参加。参加者全員で憲法前文と9条の全文を朗読後、鐘を突きました。

その後、会場を移し、太平洋戦争を描いたDVDを鑑賞。戦争体験や憲法9条を守る運動などについて語り合い交流しました。

(「しんぶん赤旗」首都圏版2017年9月13日付より転載)


カテゴリー: 新着情報 | 9条にちなみ平和の鐘突き 茨城・五霞町 はコメントを受け付けていません。

東海第2延長させない 水戸・原電前 原発ノー金曜行動

東日本大震災で被災した東海第2原発(茨城県東海村)の20年運転延長をねらう日本原電茨城総合事務所前(水戸市)で9月8日、20人余が244回目の「原電いばらき抗議アクション」(原電前金曜行動)に取り組みました。

参加者らはリレートークで、福島第1原発事故を引き起こした東京電力の柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働を認める動きを厳しく批判。「なんとしても再稼働をストップさせよう」と訴えました。

「原発事故が起きたら何もかもおしまいだ。福島の惨状をみれば、東海第2原発はあってはならない」「安倍(首相)は北朝鮮の脅威をあおり、軍拡の口実にしている。どんな戦争にも反対する」などの発言も続き、「運転延長絶対反対」「フクシマかえせ、生業(なりわい)かえせ」などの唱和を響かせました。

(「しんぶん赤旗」首都圏版2017年9月12日付より転載)


カテゴリー: 赤旗記事 | 東海第2延長させない 水戸・原電前 原発ノー金曜行動 はコメントを受け付けていません。

「平和の波」を多彩に 県原水協が講演会を開催 茨城

原水爆禁止茨城県協議会は9月9日、笠間市内で理事会を兼ねた講演会を開き、約40人が参加しました。

「核兵器禁止条約から核兵器のない世界へ」と題して講演した日本原水協の土田弥生事務局次長は今年7月に国連で採択された核兵器禁止条約の画期的意義を強調。条文を詳しく解説し、50か国が批准すれば発効されると述べました。

同時に▽同条約に敵対的態度をとるアメリカ、イギリス、フランスが共同声明を発表したこと▽被爆国、日本政府が条約を支持しないことに、被爆者らから怒りの声が上がっていることなどを紹介しました。

日本政府に条約への署名・批准を迫ることは▽「核の傘」からの離脱▽「核抑止」論の克服▽日米軍事同盟廃棄▽北朝鮮の核をめぐる問題の解決-をめざすうえでも重要になっていることを解明。各国政府に核兵器禁止条約への参加を求める世界同時行動「平和の波」が始まる9月20日を起点にした多彩な運動を呼びかけました。

(「しんぶん赤旗」首都圏版2017年9月10日付より転載)


カテゴリー: 新着情報 | 「平和の波」を多彩に 県原水協が講演会を開催 茨城 はコメントを受け付けていません。

日本に原発いらない 水戸で243回目「金曜行動」

水戸市の日本原電茨城総合事務所前で9月1日、243回目の「原電いばらき抗議アクション」(原電前金曜行動)が取り組まれ、約30人が参加しました。参加者は「東海第2、老朽原発」「日本のどこにも原発いらない」などの唱和を響かせました。

参加者の多くが8月27日に投票された茨城県知事選で、東海第2原発の20年運転延長ストップ・廃炉を掲げた市民と野党の共同候補、鶴田真子美さんの必勝を期して奮闘。スピーチのコーナーでは「鶴田さんが立候補したことで東海第2原発の問題を争点に押し上げ、誇りあるたたかいができた」「市民と野党が協力して、たたかえた。これを未来につなげたい。日常活動を強めていく」「正義のたたかいだった」などの意見表明が続きました。

「東海第2の再稼働反対」「日本のどこにも原発いらない」などの唱和を繰り返す「金曜行動」参加者=8月1日、水戸市

 

(「しんぶん赤旗」首都圏版2017年9月3日付より転載)


カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 | 日本に原発いらない 水戸で243回目「金曜行動」 はコメントを受け付けていません。