共産党が新春宣伝 史上最悪の国民いじめ 茨城・取手

日本共産党取手市委員会は1月5日、JR取手駅前で梅村さえこ前衆院議員(衆院北関東比例予定候補)を迎えて新春宣伝を行いました。

声援に応える遠山氏、小池氏、梅村氏、関戸氏、加増氏

声援に応える遠山氏、小池氏、梅村氏、関戸氏、加増氏(左から)=1月5日、茨城県取手市

今月19日告示(26日投票、定数24)の市議選をたたかう加増みつ子市議(67)、遠山ちえ子市議(65)、関戸勇市議(75)、小池えつ子市議(44)=以上現=が決意を述べました。

梅村氏は、2度の消費税増税を強行した安倍政権を「史上最悪の国民いじめ政権だ」と批判。
5%への減税で景気回復を実現するとともに、市議選で4人全員を押し上げ、「野党連合政権につながる新しい政治の流れをつくろう」と呼びかけました。

4氏はそれぞれ、「無駄な大型開発をやめさせ、暮らし優先の税金の使い方に切り替える」(加増氏)、「子育てと福祉最優先の安心の取手市に」(遠山氏)、「命と暮らしを守る災害に強いまちづくりを」(関戸氏)、「命の平等が保証され、誰もが安心して医療や介護が受けられる社会を」(小池氏)と訴えました。

(「しんぶん赤旗」2020年1月8日付より転載)