常陸大宮・常陸太田市議選(7/29投票)激戦です!ご支持をお広げください

常陸大宮市議選 小中学校にエアコンを 金子すぐる・高村いさお両候補訴え

金子すぐる候補

7月22日告示された茨城県常陸大宮市議選(定数18=2減)には19人が立ち、1人はみだしの少数激戦になりました。

日本共産党の金子すぐる(67)=現=、高村いさお(64)=新=の両候補がそれぞれ第一声をあげ、▽高すぎる水道料や国保税、介護保険料・利用料の負担軽減▽小中学校教室へのエアコン設置▽学校給食費の軽減、新1年生へのランドセル支給▽高校卒業までの医療費無料化▽乗り合いタクシー・福祉、タクシーの充実ーなどの政策を示しました。

そのうえで、「財源は市民サービスを削ってため込んだ104億円がある」と指摘。市民の願い実現に全力をあげる日本共産党の複数議席の回復を呼びかけました。

高村いさお候補

応援にかけつけた大内くみ子参院選挙区予定候補は「日本共産党2議席獲得で地方から安倍内閣を追い詰めていこう。東海第2原発の再稼働は許してはならない」と両候補の必勝を訴えました。

立候補者19人の党派別内訳は共産2、自民1、公明2、無所属14。

常陸太田市議選 国保税の負担軽減を 宇野たか子候補訴え

茨城県常陸太田市議選(定数18、2減、立候補20人)が7月22日告示(29日投票)され、日本共産党の宇野たか子候補(68)=現=が議席確保をめざして第一声を上げました。2人オーバーの激戦です。

宇野たか子候補

宇野候補は、高校卒業までの医療費助成制度の拡大や学校給食費の半額助成などを実現してきたことを報告。

「市がため込んでいる基金180億円は市民のために有効活用を」と主張。▽小中学校教室へのエアコン設置▽新1年生へのランドセル支給▽国保税や介護保険料・利用料の負担軽減▽公共交通の充実ーなどの公約を示すとともに、危険な東海第2原発の再稼働ストップを力説し、必勝を呼びかけました。

応援の山中たい子県議が「森友・加計」問題やカジノ法強行などにふれ、安倍政権を批判。「一刻も早く安倍政権を退陣させるための1票、くらしを守る1票は宇野さんに」と支持を訴えました。

立候補者20人の党派別内訳は共産1、自民6、公明1、無所属12。

(「しんぶん赤旗」首都圏版2018年7月24日付より転載)


カテゴリー: 赤旗記事 パーマリンク