民主教育の推進へ方針 「民主教育をすすめる茨城県民会議」が総会 水戸

「民主教育をすすめる茨城県民会議」は7月14日、水戸市内で第26回総会を開き、2018年度の活動方針を決めました。

採択した活動方針は▽「点取り競争」を激化させる「全国一斉学力テスト」の中止▽小中学校・高校で35人以下の少人数学級の早期実現▽小中学校、高校の機械的「統廃合」反対▽特別支援学校の教室不足の解消、教員配置の改善▽公正で民主的な教科書採択の実現▽憲法を守るーなどの運動に全力をあげることをうたっています。

(「しんぶん赤旗」首都圏版2018年7月25日付より転載)


カテゴリー: 赤旗記事 パーマリンク