第56回県党会議を開催 日本共産党茨城県委員会

日本共産党茨城県委員会は2月25日、鉾田市内で第56回県党会議を開き、年間活動の方針となる「総合計画」を採択するとともに、新役員を選出しました。

採択された「総合計画」は▽9条改憲阻止、安倍政権打倒▽東海第2原発の再稼働反対▽12月に予定されている県議選での現有3議席の絶対確保と新議席の獲得、来春の統一地方選、参院選、中間選挙の勝利▽野党共闘の前進と党躍進の両立ーなどをめざしてたたかうことを呼びかけています。

県党会議で選出された役員は次の通り。いずれも再任です。(敬称略)▽委員長=田谷武夫(66)▽書記長=稲葉修敏(55)▽副委員長=大内久美子(68)

(「しんぶん赤旗」首都圏版2018年3月2日付より転載)


カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 パーマリンク