茨城・北茨城市議選 3月19日告示 中卒まで医療費無料化 鈴木やす子氏

茨城県北茨城市議選(定数19、1減)が3月19日告示(26日投票)されます。
日本共産党は鈴木やす子市議(60)=現=の議席確保に全力をあげます。

戦争法や年金カット法、TPP(環太平洋連携協定)、カジノ法などを次々と強行してきた安倍政権のもと、鈴木市議は悪政の顕在化を市議会で厳しくチェックするとともに、中学校卒業までの医療費無料化や住宅リフォーム助成制度、通学路・生活道路の整備などの実現に尽力してきました。

共産党が実施したアンケートには、「国保税、介護保険料が高すぎる」「北茨城は福島原発と東海原発に挟まれているので心配」などの声が寄せられています。

鈴木市議は、市政をチェックし、市民のくらし・医療、民主主義を守る先頭に立つ共産党議員のかけがえのない値打ちを語り、東海第2原発の再稼働反対を力説。
市がこれまでため込んできた25億円の財政調整基金の活用を提起し、国保税の引き下げや奨学金制度の創設、学校給食の無料化などの実現を訴えています。

選挙戦は1~2人オーバーの少数激戦が予想されています。

(「しんぶん赤旗」首都圏版 2017年3月18日付より転載。北茨城市議選についてはこちらをご覧ください


カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 タグ: , パーマリンク