消費税10%中止させよう 各地で3・13重税反対行動 茨城

3・13重税反対全国統一行動に呼応し、茨城県内の中小業者や農民、年金者ら約1,750人が3月13日、県内8つの税務署に集団申告しました(一部地域は10日に実施)。

「消費税の増税はやめろ」「中小業者に仕事を回せ」などの唱和を響かせ、申告に向かう統一行動参加者=3月13日、茨城県日立市

申告に先立ち、税務署管内ごとに集会を開催。

日立市で開かれた集会では、西村福司実行委員長(日立民主商工会会長)が消費税10%への増税をねらう安倍政権を批判。
戦争法廃止や「共謀罪」法案の提出阻止、憲法改悪反対などを力説し、「われわれの声を大きく広げていこう」と呼びかけました。

日本共産党の川崎あつ子氏(衆院茨城5区予定候補)が来賓あいさつし、「力を合わせて安倍政権の暴走政治とたたかいましょう」と話しました。

参加者らは、「消費税の増税はやめろ」「税金を福祉と暮らしに回せ」「原発の再稼働反対」などの唱和を響かせ、税務署まで行進しました。

(「しんぶん赤旗」首都圏版 2017年3月14日付より転載)


カテゴリー: 赤旗記事 パーマリンク