共産党 各地で新春宣伝 東海第2原発廃炉を 水戸

日本共産党茨城県委員会と党水戸市委員会は1月4日、JR水戸駅南口で新春の街頭演説を行いました。

大内くみ子県副委員長(衆院北関東比例、茨城1区重複予定候補)、江尻加那県議、田中真己市議、中庭次男市議、土田記代美市議の5氏が宣伝カーの上に勢ぞろいし、それぞれ訴えました。

大内氏は、昨年末の国会でカジノ解禁推進法や年金カット法を強行した安倍政権を批判。
「国民の声を聞こうとしない政治は許すことができない」と指摘し、老朽化して危険な日本原電東海第2原発(東海村)の廃炉を主張。
「今年秋の県知事選では、原発の再稼働を認めない知事を誕生させましょう」と呼びかけました。

そのうえで、日本共産党の前進を訴えるとともに、次期総選挙で県内7つの小選挙区すべてで野党と市民との共同を広げ、改憲勢力の議席を減らすために全力でたたかう決意を語りました。

(「しんぶん赤旗」 2017年1月5日付より転載)


カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 タグ: , , パーマリンク