茨城・つくば 市長選と市議選が告示 11月13日投票

野党と市民共闘 いがらし立青候補訴え

茨城県つくば市長選が11月6日告示(13日投票)され、「総合運動公園」計画を住民投票でストップさせるために尽力した、いがらし立青(たつお)候補(38)=無所属新=が第一声を上げました。

昨年8月の住民投票で、8割の反対で中止に追い込まれた総合運動公園計画(総事業費305億円)を強引に進めた現職市長は出馬を断念。
元市議で、住民投票を求める市民団体世話人のいがらし氏を、日本共産党を含む市議会野党と市民が共闘して推しています。

市長選は、現職市長後継の飯岡宏之氏(54)=自民推薦=、大泉博子氏(66)との3氏のたたかい。
いがらし候補は、「市民無視の市政を市民第一の市政に変えたい」と力を込め、教育・子育てへの集中投資、地元業者の育成などを訴えました。

いがらし立青市長候補、滝口隆一候補、橋本けい子候補、山中まゆみ候補(写真左上から)

いがらし立青市長候補、滝口隆一候補、橋本けい子候補、山中まゆみ候補(写真左上から)

つくば市議選が告示 滝口隆一候補・橋本けい子候補・山中まゆみ候補

茨城県つくば市議選(定数28、立候補38人)が11月6日告示(13日投票)され、日本共産党の滝口隆一候補(68)、橋本けい子候補(62)=以上現=、勇退する現職からバトンを受けた山中まゆみ候補(38)=新=の3氏が現有3議席の確保をめざして、それぞれ第一声を上げました。

3候補は、高すぎる国保税の引き下げや、水道料金の大幅値上げ計画ストップ、高校卒業までの医療費無料化、コミュニティーバス「つくバス」の利便性向上などの公約を掲げ、「110億円のため込み金は、くらし・福祉の充実に回そう」と訴えています。

(「しんぶん赤旗」 2016年11月7日付より転載。つくば市議選についてはこちらからご覧ください

tsukuba201611omote tsukuba201611ura

カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 タグ: , , パーマリンク