250人余がデモ 運動発展誓う 茨城・取手

茨城県取手市のJR取手駅西口デッキで9月24日夕、3回目の「戦争させない、9条壊すな総がかり取手行動」がありました。
肌寒く小雨のパラつく天候にもかかわらず、250人余が参加し、集会とデモ行進をしました。

うたごえと、勇壮な太鼓の音から始まった集会では、参加者から戦争法を採決強行した安倍自公政権への怒りの声が相次ぎました。
参加者は、運動の継続発展を誓い合い、戦争法廃止、安倍内閣退陣せよのコールを力強く響かせました。

日本共産党市議団を代表して小池えつ子市議があいさつし、戦争法廃止の国民連合政府の実現をよびかけました。

(「しんぶん赤旗」首都圏版 2015年9月30日付より転載)