日本共産党の次期衆院比例予定候補(第6次)を発表 小池晃書記局長が会見

日本共産党は10月5日、次期総選挙に向けた衆院比例代表予定候補の第6次分として、北海道ブロックの伊藤理智子氏、北関東ブロックの大内くみ子氏、東京ブロックの坂井和歌子氏、北陸信越ブロックの金元幸枝氏、東海ブロックの長内史子氏、近畿ブロックの西田佐枝子氏の6氏を新たに追加しました。
小池晃書記局長が5日、国会内での記者会見で明らかにしました。

発表ずみの第1次から第5次分と合わせると、日本共産党の衆院比例代表予定候補は、現職が12人、前職が8人、新人が17人の合計37人となります。女性予定候補は20人で比率は54%、男性予定候補は17人で比率は46%となりました。全体の平均年齢は53歳です。

北関東(定数19)

大内くみ子(71・新)
元茨城県議(5期)、党茨城県副委員長(茨城4区予定候補)

(「しんぶん赤旗」2020年10月6日付より転載)