新自由主義からの転換を 塩川鉄也氏ら街頭で訴え 水戸

日本共産党の塩川鉄也衆院議員と大内久美子党県副委員長は9月20日、水戸市内で街頭演説し、次期総選挙での野党連合政権の実現を呼びかけました。
江尻加那県議、土田記代美市議、中庭次男市議も訴えました。

塩川氏は、菅首相が国民に自助や自己責任を強いる主張を繰り返していることについて、「政治が行うことではない。新自由主義からの転換が今こそ必要だ」と力説。
新型コロナウイルス検査体制の抜本強化をはじめ、正社員が当たり前の社会、少人数学級の実現などを呼びかけ、「新しい政治をめざす要として日本共産党を伸ばしてほしい」と訴えました。

大内氏は、「安倍政治を引き継ぐ菅政権では国民の声と、ますますかけ離れるだけ。暮らしと平和を守り、一人ひとりが大事にされるジェンダー平等社会を実現しよう」と訴え、江尻氏は、原発推進の菅政権では国民の命は守れないと力を込め、「東海第2原発を廃炉にするためにも国政を変え、野党連合政権をつくろう」と呼びかけました。

(「しんぶん赤旗」2020年9月21日付より転載)