さっさと廃炉に 「原電前金曜行動」 茨城・水戸

365回目の「原電いばらき抗議アクション」が6月12日、水戸市で取り組まれ、雨が降る中、約20人が日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の廃炉をアピールしました。

参加者は、新型コロナウイルスなど感染症対策を盛り込むことになった原発の避難計画をめぐり、「みんなの命を守れるような計画づくりは無理だと明らかになった」と指摘。

県内で常陸太田市などが「策定済み」としている計画について、「作り直すしかないのは明らかだ」などと訴えました。
「東海第2はさっさと廃炉」「日本原電、工事をやめろ」とコールし、東海第2原発の再稼働ストップを呼びかけました。

(「しんぶん赤旗」2020年6月14日付より転載)