市長と議長も歩く 2018年国民平和大行進 茨城・高萩市で歓迎集会

6月28日に福島県から茨城県に引き継がれた2018年原水爆禁止国民平和大行進(北海道→東京=太平洋コース=)は29日、北茨城市を出発し、高萩市を経て日立市まで行進しました。

正午前に高萩市役所前で開かれた歓迎集会では、大部勝規市長、寺岡七郎市議会議長がそれぞれあいさつし、「暑い中、体には十分注意して行進してください」と激励。ペナントを行進団に託しました。

行進団を代表して北海道からの通し行進者、山内金久さん(69)=東京都板橋区在住=が「みなさんの熱い思いを広島に届けます」と謝意を述べました。

この後、大部市長と寺岡議長が市庁舎前の行進にそろって参加。山内さんは「市長と議長が一緒に行進してくれたのはここが初めて。うれしくて元気が出た」と笑顔で話していました。

同行進は7月11日に千葉県に引き継がれるまでの13日間、茨城県内44市町村のすべてを網の目に結んで行進します。

(「しんぶん赤旗」首都圏版2018年6月30日付より転載)


カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 パーマリンク