北茨城市議選 3月26日投票 給食費無料化訴え 鈴木やす子候補が奮闘

茨城県北茨城市議選(定数19=1減、立候補20人)は3月26日投票されます。
議席確保をめざす日本共産党の鈴木やす子候補(60)=現=が、国保税の引き下げや高校卒業までの医療費無料化、東海第2原発(東海村)の廃炉、学校給食費の無料化などの政策を掲げ、「市がため込んだ25億円の財政調整基金を市民のために使って、くらしを応援できる市政に」と支持を訴えています。

有権者からは、「市民の立場でがんばってくれるのは共産党」と期待の声が寄せられています。

選挙戦は一票一票を争う横一線の大接戦です。
日本共産党の選対は、「鈴木候補への一票は、安倍暴走政治にストップをかけ、平和とくらしを守る一票」と強調。
「やるべきことをやりつくして、さらに支持を広げよう」と残された時間の奮闘を呼びかけています。

(「しんぶん赤旗」首都圏版 2017年3月25日付より転載。北茨城市議選についてはこちらをご覧ください