10/25投票 ひたちなか市議選 安倍暴走ストップ 複数議席獲得へ全力 山形ゆみ子候補・宇田たか子候補訴え

茨城県ひたちなか市議選(定数25、立候補31人)は10月25日投票されます。

日本共産党の山形ゆみ子侯補(65)=現=、宇田たか子侯補(52)=新=が20年ぶりの党複数議席獲得をかけて全力でたたかっています。
選挙戦は共産2、自民4、民主3、公明3、社民1、無所属18の31候補が、一票一票を争う大接戦を展開しています。

共産党は山形候補、宇田侯補を先頭に、「共産党への一票は安倍暴走政治を追い詰め、戦争法廃止のための『国民連合政府』の実現と野党の共同をすすめる一票、東海第2原発を廃炉にする一票、市民のくらしを守る市政をつくる一票です」と訴え、激しく追い上げています。

共産党統一選対は、残された時間の猛奮闘が勝敗を決するとして「ビラの配布や音の出る宣伝の強化、対話・支持拡大などやるべきことをやりつくそう」と呼びかけています。

(「しんぶん赤旗」首都圏版 2015年10月24日付より転載。プロフィール・政策は「ひたちなか市議選挙」のページをご覧ください)


カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 タグ: , , パーマリンク