東海第2原発 再稼働の賛否問う県民投票条例案 茨城県議会で委員会が否決

日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)再稼働の賛否を問う「県民投票条例案」が、6月18日に開かれた茨城県議会防災環境産業委員会で、日本共産党と一部の無所属議員の「賛成少数」で否決されました。
23日の本会議でこの決定が報告され、採決されます。

委員会で質疑する共産党の江尻加那議員

委員会で質疑する共産党の江尻加那議員=6月18日、茨城県議会

江尻議員は、「福島原発事故を経験した県民が正しい判断を行うと信頼している」と、条例案への賛成を表明。
その上で、1日のみの「連合審査会」では議論が深まってないとして、「継続審査」を求めましたが否決されました。

委員会採決に先立つ防災環境産業委員会と総務企画委員会による「連合審査会」では、参考人として「いばらき原発県民投票の会」の鵜沢恵一共同代表が、「東海第2原発の問題は自分たちの暮らしに直結している。県民投票こそ民意が反映される」、山崎咲知子共同代表が、「学びや対話で理解が深まるプロセスがセットだ」と意見陳述しました。

東海村の山田修村長も意見陳述。再稼働問題で住民の意向把握の手法を模索しているとして、「意見を申し上げることは差し控えたい」と条例案には触れませんでした。

(「しんぶん赤旗」2020年6月20日付より転載)