東海村議選の結果(2020年1月19日投開票)

東海村議選の結果(定数18-立候補21、投票率53.02%)

大名みえ子候補 1,032票 3位(当選)

*選挙結果について、詳しくは東海村のWebサイトをご覧ください。
ご支援・ご声援ありがとうございました。

大名みえ子氏当選、6期目へ 再稼働ストップの先頭に 茨城・東海村議選

茨城県東海村議選が1月19日投開票され、定数2減の中、日本共産党の大名みえ子氏(65)=現=が第3位で6期目の当選を果たしました。
大名氏は1,032票を獲得(得票率6.33%)。
当選者の党派別内訳は共産1、公明2、国民1、無所属14です。

当選を喜び合う大名氏と支持者ら

当選を喜び合う大名氏(正面中央)と支持者ら=1月19日、茨城県東海村

大名氏は選挙戦で、「誰もが安心して暮らせる東海村に」と訴え、運転開始から41年を超える東海第2原発の再稼働ストップと廃炉を力説。
県内1位の財政力を生かし、▽国民健康保険税や介護保険料の引き下げ▽デマンドタクシー「あいのりくん」の村外運行▽東海病院の健診充実─などの公約を掲げました。

大名氏は当選後、「議会として東海第2原発の再稼働にストップという判断ができるよう議論をリードしたい。暮らしの面でも村民の命と暮らしを守る税金の使い方に切りかえるよう働きかけていきたい」と話しています。

(「しんぶん赤旗」2020年1月21日付より転載)