生活支える年金に 茨城県西市民連合つどいで大内くみ子候補訴え

茨城県古河市で7月9日、「『戦争法の廃止をめざす茨城県西市民連合』のつどい」が開かれ、日本共産党の大内くみ子参院茨城選挙区候補が「今度こそ安倍政治をやめさせる。参院選勝利へ全力で頑張りたい」と決意を述べました。

茨城県西市民連合のつどいで訴える大内くみ子候補

茨城県西市民連合のつどいで訴える大内くみ子候補(正面奥)=7月9日、古河市

大内候補は、東海第2原発を再稼働させず、安倍政権の下での9条改憲を許さないと盛り込んだ県市民連合との政策協定を「市民運動の反映だ」と強調。「市民と一緒になって政治を動かす。社会的に弱い立場の人の声を政治に届けたい」と力を込めました。

「県西市民連合」代表世話人の小久保忠男・元古河市長が、「まっとうなことがまっとうに言える社会をつくることが大切だ」と力説。「市民の目の高さが分かる大内さんに何が何でも勝ってほしい。もう一つもう一つと広げてほしい」と訴えました。
茨城県日本共産党後援会幹事の奈良達雄氏が、自由と民主主義を高く掲げてたたかう日本共産党の値打ちを語りました。

参加した男性(67)は、「自民党の政治をずっと見てきたが、安倍首相は最悪。せめて生活が支えられるくらいの年金にしてほしい。共産党に大きくなってもらわないと困る」と話しました。

(「しんぶん赤旗」2019年7月12日付より転載。大内くみ子候補の政策はこちらから