元公明副委員長・二見伸明さんが小林きょう子候補を応援

安倍“弱肉強食”政権を批判

元公明党副委員長の二見伸明氏(「安保法制廃止・立憲主義の回復を求める茨城県市民連合」共同代表)が6月25日、茨城県つくば市、牛久市で開かれた日本共産党の街頭演説に駆けつけ、日本共産党と小林きょう子選挙区候補への支持を訴えました。

日本共産党と小林きょう子選挙区候補への支持を呼びかける元公明党副委員長の二見伸明さん(左)=6月25日、茨城県つくば市

日本共産党と小林きょう子選挙区候補への支持を呼びかける元公明党副委員長の二見伸明さん(左)=6月25日、茨城県つくば市

二見氏は、「今いちばん大事なことは憲法を守ること。そしてアベノミクスをやめさせ、私たちの暮らしに光を当てる政治をつくることです」と強調。
「今の政治が続く限り、弱肉強食の社会になる」と安倍政権を批判しました。

英国の欧州連合(EU)離脱問題、環太平洋連携協定(TPP)と雇用の関係などにも言及し、さらなる労働法制の改悪をねらう安倍政権の危険性を指摘。
「TPP反対、脱原発でたたかってこられた小林さんを、ぜひ国会に送りましょう。党派やイデオロギーの違いを乗り越えてがんばりましょう」と呼びかけました。

(「しんぶん赤旗」 2016年6月26日付より転載)


カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 タグ: , , , パーマリンク