政治動かそう 各地で街頭宣伝 水戸・小林きょう子氏

日本共産党の小林きょう子県TPP・農業対策部長(参院選挙区予定候補)は4月24日、水戸市内のスーパー前などで青年や女性とともに日本共産党の躍進をアピールする宣伝行動をしました。

参加者は、「戦争止めるのは私たち」「原発動かしたのは誰だ」「うそつき自民党に怒っているのは私だ」などと書いたプラカードを掲げながら、リレートーク。
「参院選は政治を変える絶好のチャンス。若者の味方、日本共産党を大きく伸ばしてください」「原発ゼロの日本を」「安倍政権を打倒し、戦争法を廃止しましょう」と訴えました。

鹿児島県出身の小林氏は、熊本地震にもふれ、再稼働している川内原発(鹿児島県) の危険性を指摘。
戦争法廃止や消費税増税ストップなどを力説し、日本共産党の参院比例区での躍進と茨城選挙区(改選数2)での初議席獲得を呼びかけました。

(「しんぶん赤旗」 首都圏版 2016年4月27日付より転載)