2020国民平和大行進 茨城県内の日程終わる

2020年原水爆禁止国民平和大行進の茨城県コースが7月15日、小美玉市入りし、県内13日間すべての日程が終わりました。
今年は新型コロナウイルスの影響で行進が行われず、各自治体で首長との懇談が取り組まれました。

小美玉市の集会は、航空自衛隊百里基地に隣接する「百里平和公園」で開かれ、小美玉市のほか神栖市や潮来市、鉾田市から14人が参加。
百里基地反対同盟や鹿行民主商工会の代表らが連帯のスピーチをしました。

県原水協の加藤岑生会長は、訪問先の自治体首長から核兵器廃絶の運動にこれまでと変わらない賛同を受け、「国民運動をさらに進めてほしいと激励された」と話していました。

(「しんぶん赤旗」2020年7月17日付より転載)