東海第2原発 「三密」工事やめよ オンライン署名広がる

新型コロナウイルスの感染が広がる中、日本原子力発電(原電)が東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働に向けた工事を継続していることを受け、茨城県の大井川和彦知事と原電に対して、工事の中止を求めるオンライン署名が広がっています。
呼びかけているのは、「原子力規制を監視する市民の会」など7つの市民団体。

署名は、「狭い敷地の中で東海原発の廃炉作業と合わせて約1,700人の方が働いて」おり、「まさに『三密』状態」と指摘し、工事の中止を求めています。

東海第2原発の工事中止を呼びかける市民団体のオンライン署名

東海第2原発の工事中止を呼びかける市民団体のオンライン署名

「原子力規制を監視する市民の会」の阪上武代表は、「停止中の東海第2原発の場合、安全管理の上では(常に配置されるべき)運転員を感染リスクから守る必要がある。そのためにも密な工事はするべきではない」と指摘。

日本共産党の江尻加那県議は、「工事を中止すべきだという声が県内外から上がっている。再稼働のための工事は、まさに不要不急で、知事は原発現場の感染リスクを『大きな脅威ではない』としているが、原電まかせであってはならない」と批判しています。

集まった署名は18日に1次集約を行い、同日中に大井川知事と原電に提出する予定です。

(「しんぶん赤旗」2020年5月4日付より転載。署名はこちらから