茨城・下妻市議選 命を守る議席 平井まこと市議が奮闘

茨城県下妻市議選が12月1日告示(8日投票)でたたかわれます。日本共産党は平井まこと市議(74)が議席確保をめざします。

選挙戦は定数20に対し、現職18人、新人5人の23人(共産1、公明2、無所属20)が立候補するとみられ、3人はみ出しの激戦となる見込みです。

平井市議はこれまで、大型ギャンブル施設の場外車券場建設計画を6回にわたり撤回させたほか、ごみ処理施設「クリーンポートきぬ」建設をめぐる談合問題では、平井市議の追及に日立造船が4億5000万円の「和解金」を返還。
高齢者福祉タクシーの制度拡充を実現させるなど、不正を許さず住民の命と暮らしを守る役割を果たしてきました。

平井市議は、▽国民健康保険税と介護保険料の引き下げ▽医療体制の充実▽農産物の地産地消と価格保障──などの政策を訴えています。

新人はいずれも有力。党と後援会は「誰が落ちてもおかしくない情勢」とみて、平井市議の実績と支持拡大を呼びかけています。

(「しんぶん赤旗」2019年11月30日付より転載。プロフィール・政策はこちらから