税金のムダ遣いただす かすみがうら市議選あす告示 佐藤予定候補訴え

茨城県かすみがうら市議選(定数16)が1月13日告示(20日投票)されます。市議選は18人が立候補するとみられ、少数激戦の様相です。

日本共産党は佐藤ふみお氏(69)=現=が立候補を予定し、現有議席の確保をめざします。

佐藤ふみお市議

佐藤氏はこれまで、介護保険料の引き下げや所得制限なしで中学校卒業までの医療費完全無料化、住宅リフォーム助成制度の拡充などを実現してきました。

日本共産党は今回の市議選で、国保税・介護保険料の引き下げ、高校卒業までの医療費無料化、デマンドタクシーの拡充などを公約。市が計画するごみ処理施設建設をめぐっては、税金のムダ遣いをやめ、現有施設の活用をと呼びかけています。また、「東海第2原発再稼働や消費税増税のストップ、9条改憲ノーなど安倍暴走政治ストップの願いを託してください」と訴えています。

(「しんぶん赤旗」首都圏版2019年1月12日付より転載)


カテゴリー: 新着情報 パーマリンク