未来に戦争いらない 改憲発議阻止訴え集会 水戸市

「戦争法の廃止を求める茨城県民連絡会」と「戦争法廃止・立憲主義の回復を求める茨城県市民連合」は9月19日、水戸市のJR水戸駅南口で集会を開きました。

「県民連絡会」の田中重博代表、「市民連合」の田村武夫事務局長がそれぞれあいさつ。「立憲主義を破壊する戦後最悪の安倍政権を倒しましょう」(田中氏)、「『改憲NO!』統一署名の推進で改憲発議を阻止しましょう」(田村氏)と呼びかけました。

リレートークでは「自民党は生活保護費を削減するなどの悪行を重ねている」、「近所の人に署名への協力を訴えたい」、「東海第2原発の再稼働を阻止し、憲法を守ろう」などの訴えが続きました。

集会後、参加者らは「日本の未来に戦争いらない」、「憲法こわすな、平和をこわすな」などのコールを響かせ、デモ行進しました。

(「しんぶん赤旗」首都圏2018年9月26日付より転載)


カテゴリー: 赤旗記事 パーマリンク