茨城・古河市議補選 山口みちこ候補第一声 市民の声聞く党大きく

11月20日告示(27日投票)された茨城県古河市議補選は、定数1を6人が争う多数激戦になりました。
日本共産党の新人、山口みちこ候補(54)が、現職の秋庭繁議員に加えて、党2議席目をめざして力強く第一声をあげました。
山口候補以外の5人は無所属。

山口みちこ候補

山口みちこ候補

第一声で山口候補は、「働いていた市内の調剤薬局で、多くの患者と接するなかで、弱者に優しいまちにしたいと思った」と立候補を決意した経緯を語り、戦争法の廃止を力説。
TPP(環太平洋連携協定)について、「亡国の条約だ」と批判しました。

国保税の引き下げや市民の健康を守る政策を詳しく述べ、議会の現状を「秋庭議員以外は、国、県いいなりの議員ばかり」と指摘。
「日本共産党が2議席になれば、理不尽なことを許さず、市民要求を実現する力が大きくなる」と、議席獲得に全力をあげる決意を表明しました。

古河市在住で元党県副委員長の奈良達雄さん、小林きょう子党県常任委員、秋庭市議らがそれぞれ応援のあいさつをし、「なんとしても山口さんを議会に」と訴えました。

(「しんぶん赤旗」 首都圏版 2016年11月22日付より転載。古河市議選についてはこちらからご覧ください

 


カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 タグ: , , パーマリンク