戦争法強行1年 次々訴え 水戸で集会

戦争法(安保関連法)の廃止や憲法改悪反対などを掲げた「茨城県民共同アクション」と銘打った集会が9月19日夕、水戸市のJR水戸駅北口で開かれ、雨が降りしきるなか県内各地からおよそ200人が駆けつけました。

市民にアピールする集会参加者=9月19日、水戸市

市民にアピールする集会参加者=9月19日、水戸市

「戦争法の廃止を求める茨城県民連絡会」の田中重博代表、「戦争法廃止・立憲主義の回復を求める茨城県市民連合」の田村武夫事務局長がそれぞれ主催者あいさつし、11の参院選1人区で野党統一候補が勝利した意義を強調。
戦争法の廃止をめざす野党と市民との選挙共闘のさらなる発展を呼びかけました。

リレートークでは、参加者が次々にマイクを握り、「安倍首相は国民を守ると言って戦争法を通したが、豪雨で被災した常総市民は守られているのか」「自公政権は、原発もTPPも国民の願いとはまったく逆のことをしている。安倍政権を退陣に追い込もう」「人権や民主主義が守られてこそ平和といえる」「医療などの社会保障を守るためにも、憲法を守っていこう」などと訴えました。

(「しんぶん赤旗」首都圏版 2016年9月20日付より転載)


カテゴリー: 赤旗記事 タグ: , パーマリンク