平和な未来を子どもに 水戸市内で9条改憲NO!3000万署名宣伝行動 安倍政権を批判

茨城県母親大会連絡会、新日本婦人の会、茨城革新懇は76回目の太平洋戦争開戦の日を迎えた12月8日、復刻した召集令状(「赤紙」)を水戸市内で買い物客や通行人に手渡しながら、憲法9条改憲阻止の宣伝署名行動にとりくみました。

この行動には10人余が参加。交代でマイクを握り、憲法9条の改悪をねらう安倍政権を批判。「9条改憲は日本が戦争する国になってしまいます。世界に誇る9条を百八十度転換させる改憲は許せません」と述べ、「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名(3000万署名)」への協力を呼びかけました。

(「しんぶん赤旗」首都圏版2017年12月10日付より転載)


カテゴリー: 新着情報, 赤旗記事 パーマリンク