つくばみらい市議選の結果(2020年2月9日投開票)

☆つくばみらい市議選の結果(定数18-立候補24、投票率50.71%)

間宮みち子候補 1,084票 5位(当選)
古川よし枝候補 971票 7位(当選)

*選挙結果について、詳しくはつくばみらい市のWebサイトをご覧ください。
ご支援・ご声援ありがとうございました。

茨城・つくばみらい市議選 提案権獲得 公約実現へ全力

2月9日投開票された茨城県つくばみらい市議選(定数18、立候補24人)で、日本共産党は古川よし枝氏(68)=現=、間宮美知子氏(73)=新=が当選し、2議席を回復、議案提案権を獲得しました。
古川氏は971票(7位)、間宮氏は1,084票(5位)を獲得。両氏の得票総数は、19年参院比例票比で134.4%に伸ばしました。

当選を喜び合う古川氏、間宮氏ら=

当選を喜び合う古川氏(中央左)、間宮氏(中央右)ら=2月9日、茨城県つくばみらい市

日本共産党は、国保税の引き下げや、みらい平地区への中学校建設などを公約に掲げました。
両氏は当選後、「高校卒業までの医療費完全無料化や水道料金の引き下げなど、暮らしを応援し誰も取り残さない市政をめざして頑張りたい」と決意を語っています。

投票率は50.71%で前回より1.39ポイント減。
当選者の党派別内訳は共産2、公明2、無所属14で、つくばみらい市議会の女性議員数は4人から5人に増えました。

(「しんぶん赤旗」2020年2月11日付より転載)