茨城4区・宇野周治予定候補のあいさつ

(2012年7月1日・つくば演説会)

宇野周治・茨城4区予定候補

宇野周治・茨城4区予定候補

茨城4区の予定候補、宇野周治です。

私は常陸太田市で生まれ育ち、大学を卒業してからもずっと県内の中小企業、民主商工会などで働き、中小商工業者の暮らしと営業を守る活動をしてきました。
また二十数年、妻・宇野隆子の議員活動を見て、住民の暮らしを守るために一緒に考え、サポートしてきました。
今までは裏方の仕事をしてきたわけで、いきなりの国政に挑戦ということに「本当にできるのか」という不安はありましたが、「自分を変え、社会を変えよう」と立候補を決意しました。

茨城4区は、前の選挙で県内でただひとつ自民党が残ったところで、比例の民主党議員と2人の現職がおり、「もう見飽きた」などの声も聞かれるほど、いたるところに掲示板が設置されています。
これを逆手にとって、還暦を過ぎての立候補ですが、裏方からという事も併せて、新鮮さを売りにたたかいたいと思います。

この間、対話を中心に行動してきましたが、「民主党には完全に裏切られた」「原発再稼働、消費税増税など、腹が立ってテレビも見たくない」などの怒りの声と同時に、どこに行っても「よく決意してくれた」と歓迎され、こちらから訴える前に「体に気をつけてがんばって」とカンパを差し出してくれた人、差し入れをくれる人など、本当に励まされています。

茨城4区には、東海第2原子力発電所が立地しています。
東海第2原発の再稼働を許さず、廃炉を求め、原発ゼロの日本を目指してがんばります。
また、茨城4区は農林漁業が盛んな地域です。
農林漁業と国民の食糧に大打撃を与え、医療・金融などあらゆる分野に被害を及ぼすTPP参加を阻止するために全力を挙げます。
原発ノー、TPPノー、増税ノーなどの運動に力を尽くしながら、政策の優位性、日本共産党の値打ちを語り、比例北関東ブロックでの2議席獲得、勝利のために全力をつくします。

20歳に共産党に入ってから41年間の新聞配達で鍛えた体力と気力で、元気にたたかいます。
皆様の温かいご支援を、どうぞ宜しくお願いします。

戻る