2013年参院選

選挙戦では大変お世話になり、ありがとうございました。
県内どこへ行っても熱いご支援、ご声援をいただきました。
また切実な願いや思いも伺いました。感動の毎日でした。
感謝の気持ちでいっぱいです。議席に届かず残念で、申し訳ありません。
引き続き要求運動を広げ、みなさんの思いや願いを実現するため奮闘します。

2013年7月 小林きょう子

2014年衆院選についてはこちらから

★参院選の結果(2013年7月21日投開票、投票率49.66%)

上月 りょうすけ候補 560,642 当選
ふじた 幸久候補 204,021 当選
石原 じゅん子候補 153,403
石井 あきら候補 127,823
小林 きょう子候補 97,197
中村 こうき候補 14,586

*詳しくは「茨城県選挙管理委員会」のページをご覧ください。
皆様方のご支援・ご声援ありがとうございました。

小林きょう子(こばやし・きょうこ/小林恭子)

小林きょう子☆プロフィール
[生年月日]1950年11月12日(62歳)
[現住所]龍ヶ崎市佐貫町
[出身地]鹿児島県霧島市隼人町

[略歴] 鹿児島実践女子高校、鹿児島女子短大卒業
民間企業勤務後、化粧品会社でメイクアップアーチストとして活躍
茨城県南農民組合に勤務(2012年3月まで事務局長)
同組合事務局次長を経て2012年12月退職。

[党内役職] 日本共産党茨城県委員会 くらし・雇用対策部長
[ブログ] 日本共産党 茨城県くらし・雇用対策部長 小林きょう子です!
[Twitter] @kobayashikyouko
[Facebook] http://www.facebook.com/kobayashi.kyouko

☆☆☆

昨年の総選挙の結果、安倍内閣が誕生しました。 国民不在のデフレ対策、原発の再稼働・新増設、改憲発言など平和とくらしを脅かす動きが強まっています。 日本共産党は、逆流に対する「防波堤の党」、新しい政治を求める「変革者の党」、一致する要求で「国民共同をすすめる党」として平和とくらしを守るため奮闘します。

日本と茨城の経済が疲弊しています。 消費税増税を中止し、国民の所得を増やし、大金持ちへの増税で、経済の再生をはかります。 茨城県は生産額全国2位の農業県です。 TPP(環太平洋連携協定)参加に反対し、日本と茨城の農業と医療、地域経済を守るため力をつくします。

茨城県は、東日本大震災の被災県であり、原発事故による放射能汚染が深刻です。 震災からの復旧・復興、放射能汚染から子どもと地域を守り、原発ゼロの日本をめざします。

安倍内閣は憲法改定の野望を実行に移そうとしています。 あらゆる企てに反対し、憲法9条を守り生かす日本と茨城をつくります。 女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃を求めます。

●主な公約

  • 消費税増税実施の中止を求めます。
  • 大企業の身勝手なリストラ・賃下げを政治の責任で中止させます。
  • 雇用のルールを強化して、正社員があたりまえの社会、若者の安定した雇用を求めます。
    中小企業にたいする手立てをとり最低賃金の抜本的引き上げ、中小企業と大企業の公正な取引のルールを求めます。
  • TPPへの参加に反対し、農業、医療、建設業など茨城の地域と産業を守ります。
  • 放射能汚染から子どもと地域を守ります。
    除染と健康調査の実施、農林水産物のきめこまかな検査と被害の全面補償を求めます。
  • 東海第2原発の再稼働に反対し廃炉を求めます。自然エネルギーの開発普及を求めます。
  • 震災からの復旧・復興に全力をつくし、生活と生業再建へ国助成の拡充を求めます。
  • 生活保護費の引き下げに反対し、拡充を求めます。
  • 高すぎる医療保険料、窓口負担の軽減を求めます。
  • 憲法9条を守り、軍事拡張から軍縮の日本をめざします。
    安保条約の廃棄を求め、百里基地での日米合同訓練の中止を求めます。

日本共産党の政策・提言については中央委員会のページをご覧ください

☆☆☆

小林きょう子個人チラシ(公示後)
*印刷して配布すると公選法違反になります
小林きょう子個人ビラ(表)
小林きょう子個人ビラ(裏)

小林きょう子個人チラシ(公示後・PDF)

☆☆☆

小林きょう子リーフ(2013年2月)
小林きょう子リーフ表(2013/2) 小林きょう子リーフ裏(2013/2) 小林きょう子リーフ(PDF)

参院選資料
参院選・赤旗記事