日本共産党 茨城県委員会の新着情報をお知らせします。

取手市・利根町選挙区 上野たかし

■県議選取手市・利根町選挙区候補
上野たかし(うえの・たかし/上野高志)

上野高志[生年月日]1964年9月24日(50歳)
[現住所]取手市上高井
[出身地]千葉県柏市
[略歴]
日本大学経済学部第二部卒業
茨城県取手とねっこ共同保育所職員

選挙の結果はこちらからご覧ください

[党内役職]
日本共産党茨城県常任委員
党茨城県青年学生部長
党南部地区委員長

Twitter: @uenomb0924
Facebook: https://www.facebook.com/people/上野高志/100000431305913

[連絡先]
取手市井野3-19-5(日本共産党取手市委員会
TEL 0297-72-7816


201410ueno

New明るい取手・利根 2014年10・11月号外(PDF)


茨城県議選 予定候補者駆ける 取手市・利根町選挙区

県政へ初めて挑戦します。
1996年から4度にわたって衆議院・茨城3区から国政に挑戦してきました。
当時は「戦後50年」の頃で、平和、教育、社会保障などが大きく問われる時代でした。

大学を卒業後、最初に就職したのが無認可共同保育所で、障がいをもった子どもも多く通う保育所でした。
ですから私の活動の原点に、「誰もが分け隔てなく、毎日を明るく楽しく暮らせる社会の実現」があります。
特に「3.11」後は、何度も震災ボランティアにも出かけ、「幸せ」ということをいつも意識するようになりました。
何気ない家族の会話、悩みを相談できる友人関係、安心して暮らせる、子育てできるまち、日本社会・・・。
「政治の役割は大きい」と感じている毎日です。

約20年間、日本共産党の地区委員会事務所で働いてまいりました。
特に最近の安倍政権の「暴政」に、憤りを感じています。
集団的自衛権行使へと道を開くこと(しかも閣議決定で!)、憲法25条が保障する生存権を脅かす(というよりも「否定する」)生活保護者への攻撃、原発再稼動への動きは、「何を考えているのか」とも思えるほどです。

安心して暮らせる茨城県へ、若ものが未来に希望が持てる、生き生き働ける茨城へ、県民の声を県議会にまっすぐに届けることができる県議をめざし、全力でがんばる決意です。

ueno201403omote
ueno201403ura

ueno-omote
ueno-ura

上野高志 リーフレット(2014年4月、PDF)
明るい取手(2014年3月、PDF)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日本共産党 茨城県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.